キッチン

キッチンはカフェ風インテリアの大きなポイントとなります。

カフェスタイルのキッチンは キッチンとリビングの繋がりが大切です。ゲストや家族と対面して料理をし、会話を楽しみながらコミュニケーションを図れるレイアウトがおすすめです。

対面風のキッチンは手元を隠すように、収納の置き場所や配置を工夫し、見せないものと見せるものを計画的に分けるようにしましょう。オープンな棚におそろいのガラス瓶に入れた食材を並べる、色や形にこだわった雑貨をならべるなど見せる収納でおしゃれ度をUP! 。動線とサイズも効率よい作業には重要なポイント。

ペニンシュラやアイランドなどのようにリビングを向きながら作業できるキッチンが最もカフェ風を演出しやすいですが、広いスペースが必要となります。マンションなどで始めからI型などの壁に向かって配置されているキッチンも、後ろに家具やカウンターをおく事でカフェ風インテリアらしさを演出できます。

pointKit

また、リビングと一続きの場合、においや汚れがリビングにもこもりがちです。
インテリアのデザイン面だけでなく、通気や・換気扇などの配置もしっかり検討しておきましょう。

キッチンのレイアウト

キッチンⅠ型

狭いスペースも有効に生かせます。キッチンの背面に低めの収納をおいてカウンターがわりにすることでカフェスタイルキッチンに早変わり

キッチンⅡ型

ある程度のスペースでも大丈夫なタイプ。カフェスタイルにも向いています。流しが対面なので手元がリビングから見えない用な収納を




キッチンtype-L

スムーズに動けて動線として◎。リビングとの間にキッチンと同じ程度の収納家具を配置したりカウンターを設置するとカフェらしさを足すことができます

キッチンtype-U

カフェらしいインテリアとしても、操作性も◎なキッチンタイプ。やや広いスペースが必要。




キッチンアイランド型

広いキッチン向きのタイプです。仲間や家族と大勢で作業するのに向いています。

キッチンtype-P

リビングとの間に広いスペースがあるキッチン向き。キッチンの中の手元が見えないようにテーブルの高さやカウンターの高さのバランスに気をつけて。

カフェらしさを出すポイント!

1 ) ペンダントライトなどのつりさげ型照明
2 ) カウンター
3 ) 見せる収納。こだわり雑貨
4 ) 素材は木 ステンレス タイル。コンビ使いなど
キッチンのポイント4

カフェのキッチンを見る